特別養護老人ホーム沓掛ホーム
トップページ > 沓掛ホーム > 特別養護老人ホーム沓掛ホーム > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/06/04 20:52

快適な臥床を提供するための介護技術研修(ポジショニング)を開催!

研修には、沓掛ホーム介護課に4月以降に入職された3名の女性介護職員と

入職2年目の男性介護職員1名が参加しました

男性介護職員は、自ら振り返り研修を希望し、参加となりました。

頼もしい限りです

その研修の様子を少しだけご覧ください(^^)/




実技指導の後に参加者から熱心に質問が飛び交い
  活気のある研修となりました

沓掛ホームでは、ポジショニングシーティングの研修を通して、

ご利用者様の生活の中での「姿勢」の重要さを伝えています。

今回は、ベッドに臥床している時の快適な姿勢(ポジショニング)

ご利用者様に提供するにはどうしたらよいか? 実際に介護職員に

ポジショニングを体験してもらい、感想などを聞きながら研修を進めて

いきました。

特養施設には、介護度の重いご利用者様が多いため、拘縮や褥瘡を

発症するリスクも高く、それを出来る限り予防する事が求められます。

つまり、ポジショニングは、介護技術の中でも重要な技術の一つと言えます。

研修中は、写真でもお分かりのように、沢山の質問が飛び交い、活気に溢れた

研修となりました♪

良い姿勢快適な暮らし」となれるように今後も所内研修を行っていきたいと

思います。参加者の皆さん、これからも一緒に頑張りましょう\(^0^)/♪♪

支援課 機能訓練指導員

ページの一番上に戻る